加圧シャツはダイエットもできるの?

 

加圧シャツは着用することで痩せながらムキムキの細マッチョボディを目指せるアイテムです。

 

なので、気になるのはダイエット効果なのではないでしょうか?

 

 

 

着るだけで痩せられるなてすごいですよね?

 

なんだか期待しちゃいますよね?

 

私もそうでした(笑)

 

 

 

ではその加圧シャツがなぜ着るだけでダイエット効果を期待できるのかについて解説します。

 

 

加圧シャツの仕組み

 

加圧シャツの仕組みについて解説しますね。

 

加圧シャツにはスパンデックス繊維と呼ばれる高級ポリウレタンが配合されています。

 

このスパンデックス繊維はゴムのようにめっちゃ伸びて、収縮する素材です。

 

収縮による締め付けの効果が加圧シャツの効果になります!

 

 

締め付けでトレーニング効果?

 

 

加圧シャツはこのスパンデックス繊維の締め付けで血流が程よく制限されます。

 

血流制限をすることでアスリートが行なっている加圧トレーニングのような効果の期待が持てます。

 

これによりトレーニング効果が飛躍的に上がっている状態になります。

 

 

加圧シャツは毎日着る

 

加圧シャツを効果的に着るには毎日着ることがベストです。

 

毎日長時間着ることで日常の何気ない動きですらトレーニング効果へと変換してくれます。

 

なので、ダイエットを目的にする場合も毎日長時間の着用がベストってことになりますね!

 

 

加圧シャツのダイエット効果の期待とは?

 

加圧シャツの仕組みがわかったところで、なぜダイエット効果に期待されるのかを解説します。

 

 

締め付けで食べる量を制限

 

加圧シャツは上半身をギュッと締め付けるものですね。

 

これにより胃や腹部、内臓も圧迫していることになります。

 

なので、食べる量を自然と減らしてくれるということになりますね。

 

 

 

食べる量が減るということは、摂取カロリーを減らしてくれるということになります。

 

 

代謝がアップ?

 

加圧シャツを着用すると締め付けにより背筋がビシッと締め上がります。

 

なので、姿勢がよくなるんですね。

 

 

 

姿勢が良くなると体幹(インナーマッスル)が鍛えられます。

 

体幹が鍛えられることで基礎代謝がアップします。

 

なので、消費カロリーが多くなるということになります。

 

 

 

加圧シャツを着ることで摂取カロリーが減って、消費カロリーが増えることから、痩せやすく太りにくい体になるのでダイエットに効果的だということになります。

 

 

まとめ

 

加圧シャツはスパンデックス繊維の力で上半身を圧迫しています。

 

なおでトレーニングがアップしていることからもカロリーが消費されやすくなっています。

 

 

 

さらに食事中着ると圧迫されているので食べる量が自然と減り、姿勢が良くなるので基礎代謝が上がります。

 

その結果、太りにくく痩せやすい体になるのでダイエットに効果的になるということになります。

 

 

>>加圧シャツのメリット・デメリット

トップへ戻る